米津玄師の音楽が好き。

米津さんの音楽がただ好きなだけです。思ったこと書いていきます。

#01 米津玄師との出逢い

こんにちは。

米津玄師さんが私はめちゃくちゃ好きです。音楽、考え方、、、尊敬するところもあり、共感するところもあります。そんな想いを書き綴るための場所が欲しいなあと思っていたので、ここを開設してみました。よければ読んでいってください。

 

私が初めて米津玄師の歌を聞いたのはニコンのCMソングだった「Flowerwall」だった。

まだ小学生?中学生になりたて?くらいの時に、TVで見て「心地いいメロディだな」と思っていた。

 

TVCMだと、右下に「♪米津玄師」みたいにアーティスト名が出ると思うのだが、齢12か13そこらだった私は「べいづ…?こめつ…?」と見事に勘違い。米という字から、コウケンテツさんみたいなエプロンしたオーガニック系の男性がアコギもって弾いてるのかな、なんていつも「米津玄師」という文字を観ながら考えていた。(実際は全然違ったわけだが)

 

そんなこんなで日々は過ぎ、私は高校生になり、改めて米津玄師に出会うことになる。きっかけは2018年のTEENAGE RIOT。朝のWSか何かでインタビューをやっていて、「かっこええ曲や」と思ったのだ。(この時私はまだLemonを知らなかった)

 

インタビューで本人を見てびっくり。

 

 

エプロンしてないしオーガニック系男子じゃないではないか!!(当たり前だ)

 

 

落ち着いているんだけれど、すごく言葉が刺さってくる感じのしゃべり方。そして背がデカい。手が美しい。

そしてお名前は「よねづけんし」と読むらしい。珍しい名前やなぁ、と脳内イメージアップデート。

 

そしていろいろ調べていくうちにLemonにドはまり。(ここでやっと!)

めちゃくちゃいい曲やんけ…

と、時系列バラバラにどんどんどんどん曲を知っていったのです。

 

そして現在。

 

CDを買うようになり、コンサートに行き、様々なインタビューや記事を読んで、彼の様々な考え方、音楽との向き合い方などを感じ、今では彼の音楽は私の人生の一部になった。

 

人生を変える音楽に出会えるのって、そこまで多くはない経験だと思う。

だから、私はすごく幸せな経験を、米津さんの音楽にもらったんだろうなぁ。

 

 

米津さんとの音楽の出会いはこんな感じ。

次回は何か曲について書きたいと思います。